So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ

B.A.S.S Top lures at Cayuga Lake [その他]

8月22日から25日の4日間、ニューヨーク州にあるラージマウスとスモールマウスが混生するカユーガ・レイクで開催されたバスマスターエリートシリーズ。B.A.S.Sの公式ホームページで上位10名のウィニングベイトがアップされましたので、ザックリご紹介。

10位 クリフ・プリンス
自身の100戦目の試合を10位入賞という形で飾ったクリフ・プリンス。3/16ozのオーナー・シェイキーウルトラヘッドをセットした4.5インチバスアサシン・リトルタッパーと#3/0オーナー・4Xジャングルフリッピンをセットした5.25インチバスアサシン・ファットジョブの1/4ozテキサスリグがメイン。テキサスリグはシンカーストッパーを付けていなかったようです。

9位 ドリュー・クック
オープン戦から勝ち上がった今年のルーキーが9位入賞。ワームによるボトムフィッシングを選択した選手が多い中、スプロ・ファットパパ70クランクベイトを巻き倒しての入賞。

8位 ステットソン・ブレイロック
FLWで輝かしい成績を残し、2017年にオープン戦からエリートへ勝ち上がったものの、同様にエリート昇格を果たしたジェイコブ・ウィーラーの陰に隠れてしまったブレイロック。今年は50%の確率でシングル入賞を果たし、ウィンヤーベイ戦ではエリート戦初優勝を遂げました。そんなブレイロックのメインルアーは#3/0のガマカツ・Gフィネスハイブリッドワームフックをセットしたヤム・ディンガー5インチの5/16ozテキサスリグと#2/0のGフィネスハイブリッドワームフックをセットしたヤム・サンピンディンガーの1/4ozテキサスリグでした。

7位 コーリー・ジョンストン
今年のシーズンオープナーで衝撃的なデビューを果たしたカナダ出身のジョンストン兄弟の弟(多分・・・)。メインルアーは5インチのヤマセンコーのノーシンカーワッキーと、ロボワーム・6インチストレートの3/8ozドロップショット。それに加えてストライクキング・6XDと、スモールマウス・ラージマウス両方を追ったパターンに思えます。

6位 ブランドン・レスター
世界最大級のロッドビルディング専門店、マッドホールが冠スポンサーのレスター。使用するロッドはもちろん同ショップのカスタムモデル。完成品として販売されてないので、どんなロッドなのか興味津々です。さて、そんなレスターのチョイスは、お馴染みジャックハンマー・チャターベイト1/2oz(トレーラーはXゾーンのマッスルバッククロー3.5インチ)とマスタッド・タイタンXフィネスワッキー/ネコフックの#4にセットしたXゾーン・スリムスラマー4インチの3/8ozドロップショットの2本立て。チャターでラージマウス、ドロップショットでスモールマウスという戦略ですかね。

5位 セス・ファイダー
スモールマウス戦では強いイメージがあるファイダー。今回はラージマウスのみを追ったようです。ルアーも自身がプロデュースしたアウトキャストタックルの5/8ozステルスファイダージグのみ。トレーラーは「名無しトレーラー」とありますが、多分ストライクキングのメナスグラブです。ブラック・パープル系とグリパン系の2色を使い分けていたようです。

4位 デビッド・マリンズ
今年2回目のシングルフィニッシュとなるマリンズ。苦しかった昨シーズンをバネに、クラシック出場権利獲得まであと少し。頑張ってほしい選手の一人です。マリンズも完全にラージマウス狙い。オーナーの4Xジャングルフリッピンフック#3/0をセットしたドゥームズデイタックル・ロクワーム7インチ(プロトタイプ)の5/16ozテキサスリグとストライクキング・6XDの2本立て。マリンズの冠スポンサーであるドゥームズデイタックルは2015年に設立された新しいワームメーカー。ちょっと気になるアイテムもあるのですが、仕入れるまでは至っておりません。そのうち仕入れるかも。

3位 クリス・ザルデイン
いつもBASSERでアマケンさんにツメの甘さを指摘されているザルデイン。「ザル-デンジャラス」というニックネームの通り、爆発力はすさまじいです。今回も唯一スモールマウスを持ち込んでの3位入賞。5インチスティックベイト(多分ヤマセンコー)の1/16ozネコリグ(フックはトロカー・ネコフックの#2)とメガバス・ハゼドンシャッド4.2インチのアンダースピンジグヘッドリグ。ジグヘッドは自身がプロデュースしたサントーンルアーズのZスピンヘッド1/2oz。ちょっと気になってたジグヘッドなのですが、輸入すると結構な高級ジグヘッドになってしまうので、無期限保留中です。

準優勝 ジェフ・グスタフソン
BPTへの選手流出による欠員補充のためにFLWから招集されたグスタフソンはジョンストン兄弟と同じくカナダ出身。3/4ozの自家製フットボールジグにトレーラーはZ-MANターボクローZ、フィネスアプローチでは自家製ボールヘッドにセットZ-MANフラスティックZ4インチを使用。Z-MANは当店イチオシブランドの一つ。ほとんどのアイテムがバスプロパーソナルオーダーでお取り寄せ可能です。

優勝 ジェイミー・ハートマン
先月号のBASSERでも取り上げられた不屈のアングラー、ジェイミー・ハートマン。椎間板ヘルニアを乗り越えての2勝目です。エリートデビューの2017年チェロキーレイク戦から応援していた選手なだけに、嬉しい勝利です。しかもNY出身の彼がNYで勝つ。南部出身者、また北部出身でも南部に拠点を移すプロがほとんどの世界で、北部の拠点を移さないということは、地元NYへのただならぬ想いがあるのだと思います。それだけに、今回はハートマンにとってとても意味が深く、特別なトロフィーになったと思います。
さて、ハートマンのウィニングルアーはライオットベイツ・T3タットルテールワーム3.75インチをトレーラーにしたバイブレーティングジグ(Z-MANオリジナルチャターベイトっぽいです)と今年の新製品、ライオットベイツのザ・シンスワーム4.75インチの3/8ozと1/2ozドロップショット。シンカーは風の強さにあわせて使い分けたとのこと。

さてさて、次回はほぼ同じ日程で開催されたBPTレッドクレストカップのウィニングルアーをご紹介する予定です!こちらはまだウェブサイトにアップされていないので、今しばらくお待ちください。

BASS MASTER “Top lures at Cayuga Lake”
https://www.bassmaster.com/slideshow/top-lures-cayuga-lake


nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

「メジャーリーグフィッシング バスプロツアー ステージ8」後編!! [その他]

6月25日~30日にウィスコンシン州ニーナで開催されたBPTステージ8。今回は決勝がグリーンレイク、準決勝がレイク・ビュート・デ・モーツ、予選がレイク・ウィネベーゴと、3つのフィールドでの開催というBPTならではのフォーマット。いずれもラージマウスとスモールマウスが混生するフィールドです。MLFのウェブサイトにて上位10名のメインルアーが紹介されましたので、ザックリご紹介。


5位のブランドン・カルターは2015年にB.A.S.S.エリートに昇格した49歳。冠スポンサーがコロナビールとは何とも羨ましいです。
ラージマウスパターンではお馴染みジャックハンマー!トレーラーは13フィッシングのプロトタイプを使用。13フィッシングは今年かなりの種類のルアーをリリースします。気になるのもあるのですが、いかんせんお財布に厳しい値段になりそうなので、取り扱いはビミョーです。あとは4”ヤマセンコーのノーシンカーワッキーとNEDリグ。NEDリグではヤマセンコーをカットして使用。イエローのジグヘッドを使い、そしてワームにチャートリュースのアクセントカラーを加え、シャローに上がったブルーギルをイミテートしたそうです。ワッキーリグではワームにビニールテープを巻いて補強したそう。日本のワッキーリングを教えてあげたいですね。
4”ヤマセンコーは1色のみ店頭在庫ございます。

4位は2015年クラシックの覇者、ケイシー・アシュレー
「ほとんどの魚はグリーンフィッシュのスイムジグで釣ったよ」とは本人談。「カラーはブラックブルーとグリパンオレンジの2色。トレーラーはズーム・ZクローJrのブラックサファイアとグリパン。朝のスイムジグパターンの後はブラックサファイアのズーム・Zホッグでウィードをフリップしたよ」グリーンフィッシュからはフカシンプロデュースの「チビジグ」もリリースされています。当店では可愛いロゴの帽子を取り扱い中です!
決勝ではズーム・Zドロップのドロップショットでスモール狙い。終了間際には前述のグリパンオレンジのスイムジグでラージマウスをキャッチ。

190527-1-02.jpg

douzo-webshop.gif
douzo-yahoo.gif

3位 ブレント・エーラー
日本での知名度も高いブレント・エーラー。戦略はシンプル。
広いエリアをカバーするためにラッキークラフト・ライトニングポインターをメインに時々スイムベイト(日本でいうシャッドテールワームだと思います)とスパイベイト(シンキングスイッシャー)も使用。バスを見つけたらゲーリーヤマモト・シャッドシェイプワーム4”のドロップショットとダイワxゲーリーのネコストレートで確実に仕留めたようです。

準優勝 ボビー・レーン
“Big Fish Bobby Lane”と呼ばれるレーン兄。(弟は2012年クラシック覇者のクリス・レーン)
メインに使用したのは、1ozタングステンシンカーに4/0のバークレー・フュージョン19フリッピンフックをセットしたバークレー・ピットボスでグラスマットをパンチング。そしてブレーデッドジグ、ブラックブルーのジグ、バークレー・チョッポをスポットにあわせて選択するというジャンクフィッシングスタイル。準決勝ではフロッグもローテーションに加えてウェイトを重ねました。
決勝ではキャッチした9割のスモールマウスは全てバークレー・マックスセントシリーズのザ・ジェネラル4インチのワッキードロップショット。シンカーのウェイトが5/16ozとは、まさにアメリカン!2~3メートルに点在する岩がキーだったようです。
4”ジェネラルは3色在庫ございます。

137936811.jpg

douzo-webshop.gif
douzo-yahoo.gif

優勝 クリフ・ペイス
2013年のバスマスタークラシックの覇者で、ハンドメイドバルサルアー、ブラックレーベルタックルの主催のクリフ・ペイス。B.A.S.S時代は準決勝進出率が最も高かった超実力派選手。予選ではブラックレーベルタックルのCBS1バルサクランクとジャッカルの飛鳥、そしてV&MワイルドサングクローJrをトレーラーにしたV&MのフラットワイルドジグとV&Mパルススイムジグを使用。決勝ラウンドではジャッカル。リレンジ110をメインに、クロステールシャッドのドロップショットでフォロー。V&Mのルアーは当店のバスプロパーソナルオーダーでご注文いただけます。

2014-bspo-450.jpg

バナーをクリックすると専用ページにジャンプします。


さて、とてもとてもザックリと訳しつつ、コメントも挟んでみましたが、皆様の釣りにフィードバックできるようなネタはありましたでしょうか?当店ではMLFとBASSエリートの試合を追いつつ、新たなアメリカンルアーを発掘できればなと思っております。




nice!(3) 
共通テーマ:ショッピング

「メジャーリーグフィッシング バスプロツアー ステージ8」前編!! [その他]

6月25日~30日にウィスコンシン州ニーナで開催されたBPTステージ8。今回は決勝がグリーンレイク、準決勝がレイク・ビュート・デ・モーツ、予選がレイク・ウィネベーゴと、3つのフィールドでの開催というBPTならではのフォーマット。いずれもラージマウスとスモールマウスが混生するフィールドです。MLFのウェブサイトにて上位10名のメインルアーが紹介されましたので、ザックリご紹介。

10位はデイライト・ドーナツというドーナツ屋さんが冠スポンサーのジェームス・イーラム。これもまた羨ましい(笑)
メインベイトはモリックスのスーペルナートフロッグ。ツインテールグラブのようなテールを持つこのフロッグをウィードエリアやグラスマットで巻き倒したそうです。
他にはモリックス・テナックスジグでバンク撃ち、モリックス・サイダスのノーシンカーでドックにスキップさせて釣っていったようです。
グリーンレイクではモリックス・サターワームのドロップショットで5~12ftの岩場に潜むミッドスポーンのバス、若しくはブラブラしてるバスを狙ったようです。

9位のジェラルド・スポーラーはルイジアナ出身の37歳。この選手についてはこのくらいしか知りません。。。
「ウィネベーゴでは9割がチャターベイト、1割がミサイルベイツ・The48のワッキーリグ。チャターでミスったバスをワッキーでフォローしたよ。」ここで言う「チャターベイト」は多分ジャックハンマーでしょう。トレーラーが気になりますが、記載ありませんでした。
ビュート・デ・モーツでは黒いフロッグ、ミサイルベイツ・Dボムと自身がプロデュースしたビーストコーストフィッシングのゴリラスイムジグがメイン。
「グリーンレイクではほとんどジャークベイト。ラインは12ポンドのサンライン。風の当たる急深のバンクがキーで、10ftレンジに集中したよ。」ジャークベイトは多分ワンテンだと思います。
Dボムは少量ですが店頭在庫ございます。

190527_7.jpg

8位は頑固なシャローマン、アンディ・モーガン。自分がプロだったら絶対にバッティングしたくない選手の一人です(笑)。そんな頑固オヤジはスモールマウスレイクでもラージマウス狙い。当店にも先日入荷したウォーイーグルのバズトードを軸に、ズーム・Zクローをセットしたウォーイーグル・ヘビーフィネスジグとストライクキング・KVD1.0スクエアビルをローテーション。小粒なスクエアビル、KVD1.0は少量ですが当店に在庫ございます!

144328660.jpg

douzo-webshop.gif
douzo-yahoo.gif

141647834.jpg

douzo-webshop.gif
douzo-yahoo.gif

7位はBPT参戦と同時に大幅に契約メーカーが変わったジェイコブ・ウィーラー。
ほぼグーガンベイツ・ラトリンNEDのNEDリグでほぼ通したとのこと。グーガンベイツはアメリカで今最も熱いルアーメーカー。当店での取り扱いも現在検討中・・・というか、輸入するタイミングとサプライヤーの在庫のタイミングが合わずに仕入れられてない状況です。そのうち入荷しますのでお楽しみに!

6位はMLFの発起人であり、リビングレジェンドでもあるゲーリー・クライン。クラインのメインベイトは3つ。バークレー・4”ジェネラルのジグヘッドワッキー、バークレー・スクエアビル5.5(プロトタイプ?)と3/8ozのバークレー・フィネススイムジグ。スクエアビルはかなりゆっくりリーリングしたようです。
4”ジェネラルは3色在庫ございます。

137936811.jpg

douzo-webshop.gif
douzo-yahoo.gif

後編へ続く・・・



nice!(2) 
共通テーマ:ショッピング

新年のご挨拶 [その他]

新年あけましておめでとうございます。

年頭にあたり、新年のご挨拶を申し上げます。
2012年龍年が良い年であります様祈念致します。

私共は、スタッフ一同心を合わせ皆様にご愛顧頂けます様に頑張ってまいりたいと考えております。
皆様におかれましても“龍”の様に力強く、元気で明るく楽しい一年であります事をお祈り申し上げます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



株式会社ギル
代表取締役 徳冨高志

nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

年末のご挨拶 [その他]

本年も皆様には絶大なるご愛顧を賜り誠にありがたく厚く、お礼申し上げます。

2011年は東日本大震災を始め、つらい出来事の多い年でした。
しかし、一方では日本人の辛抱強さや冷静さが世界に高く評価された事は嬉しく、日本人で良かったとつくづく思う一年でもありました。
日本中が被災地の復興を強く望み、一人一人が頑張って来られたものと思います。
来る2012年こそは、楽しく、明るい年であります事を祈念致します。

皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えください。



株式会社ギル
代表取締役 徳冨高志
nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

環境に優しい照明に!! [その他]

環境のためお店の照明を省エネ・長寿命のLEDに変更しました。
発熱量も抑えられるので、夏の冷房設定を上げられると思います。
DSCN2281.jpg
DSCN2280.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

烏賊パーティー!! [その他]

昨日は、伊豆大島釣行に行かれたお客様から差し入れていただいた、アオリイカ・赤イカ?を近くの居酒屋に持ち込んで、烏賊パーティーを催しました!!

090413_2103~0001.jpg
刺身!!

090413_2120~0001.jpg
炒め物!!

090413_2121~0002.jpg
ボイル!!

090413_2230~0001.jpg
フライ!!

Hさん、Uさんご馳走様でした!!
いいちこの一升瓶がまだ残ってますので、また行きましょう!!
nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング
その他 ブログトップ